HOME
お知らせ
活動内容
大会情報
大会結果

2017年7月3日から28日(金)の間に国際交流公園テニスコートの
人工芝の張り替え工事が実施されました。改修工事のお知らせ
現場監督らしい方と話をすることが出来たのですが、
今回の工事は芝の張り替えだけで、基礎部分の改修はしない
とのことでした。
(この記事を載せるのが7月23日(日)です。
今後市役所の検査が終わって、工事完了となるらしいです。)

こちらのコートが出来てから、私の記憶で約25年以上は経つと
思うのですが、基礎のゆがみや透水性の低下により、
相当水はけの悪い状態であることに間違いはありません。
ですので、今回の工事によりどのくらいの雨に耐えられるのかは、
降ってみなければわからないということのようです。

もう一つ気になるのが芝の長さです。
このコートがどうなのかはまだわかりませんが、
新発田市や北区(旧豊栄)のコートでは、芝の長さが通常より
長い物を使用しているのだそうです。
これは、少しでも寿命を延ばすための措置なのだそうです。
芝が長いということは、ボールが弾まないということに繋がります。
大事な試合に悪影響を及ぼさなければ良いのですが。
(あくまでも人づてに聞いた話で、私の想像も含んでいます)

とにもかくにもシーズン途中に1ケ月も練習が出来なかった
わけですから、これから思う存分テニスを楽しみたいですね。

工事関係者の皆さん、暑い中大変お疲れ様でした。

古くなった人工芝を剥がして回収していました。
(2017-07-06撮影)
1番~4番コートの基礎が現れました。古い人工芝を
周りだけ残して、中央部分を張り替えるようです。
(2017-07-09撮影)
1番~4番コートの張り替えが終わっていました。
思ったより作業の進行が早いです。
(2017-07-17撮影)
5番~8番コートの様子です。
材料の搬入と、張り替えの作業の様子です。
約4メートルのパーツを敷いて、接着剤で
各パーツを張り合わせていくのだそうです。
(2017-07-17撮影)
(2017-07-18撮影)
コートに砂が入っていました。
砂の重みだけで、人工芝が基礎に固定される
のだそうです。
これで工事はほぼ完成らしいです。
(2017-07-20撮影)
ポールが立っていました。
(2017-07-22撮影)
今日は朝から雨が降っていました。
周りの古い人工芝には雨が浮いていましたが、
新しい人工芝には水がありませんでした。
(2017-07-23撮影)